忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


初の名古屋。

完全アウェイを覚悟してのLIVE。


しかし、
わざわざ名古屋から新潟まで僕のレッスンに通ってくれているK.T.クンも
約束通り観に来てくれました。
心から感謝!
&レッスンの度毎に今日来た道を往復してきてるんだという
驚嘆の感慨に包まれました。

君は凄い。

 

今回のLIVEで再確認した事。

 

自分の演奏内容には、
場所も観客も関係ない。
自分次第。

 


自分が演奏する曲に対して
自分がやるべき事、やりたい事が明確であれば、
仮に反省点が残ったとしても
どうすべきかの対策も反省と同時に明確になる。

 


そういいつつ、
このLIVEのお客さんはとても暖かかったです。
初対面にも拘らずmonoeyeのCDを2枚とも持っているという男性。
帰りにCDを買ってくれた方。
他にも声を掛けてくれたお客さんは何人もいました。
正面からmonoeyeを受け止めてくれたのがとても嬉しかったです。

 


そんなお客さんの為に、
演者は全身全霊で表現しないといけない訳ですね。

 

拍手[0回]

PR

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


15時入りの予定が14時過ぎに現場に到着。
流石に店は開いてない。

まあ勿論そのくらいは想定内。
むしろそうなるつもりで到着したので
問題はありません。


kambam.JPG
 






bbe3b176.JPG







お店のスタッフに到着の連絡をし、
機材を降ろして車を入庫、
しばらく待ってスタッフの方ご出勤、
機材搬入、
パーカスのニュー・ギア「ハンドソニック」のサウンドチェック、
対バンの「Nabowa」の皆さん到着、
monoeyeのリハまで約1時間・・・。

 


またしても暇。

 


のども渇いたし、
キンキンのビールでも一杯・・・。





結局「Nabowa」のリハを鑑賞しつつ
会場の「DOXY」でビールで乾杯。
オーガニックなサウンドに包まれて結構いい気分。
これが人気バンドの音なのね。

 

monoeyeもリハを終え向かったのが
名古屋といえば!の手羽先の店「やまちゃん本店」。
異様に早く出てきた手羽先とビールで改めて乾杯。
お手元の包み紙にあるHow To食べ方にほぼ忠実に
全員で一気にむさぼる。

指をなめる。

ビールを飲む。

を繰り返す。
 tebasaki.JPG








「Nabowa」の皆さんも別席からわざわざ乾杯に来てくれました。
好青年だ・・・。
これが人気バンドのお人柄なのね。

 


開演時間までわずかだったので
やまちゃんはサクッと終わらせてDOXYに戻る。


さて、行きますか。


 

拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


迎えた当日。

 

結局4時間程度眠れたかどうかというコンディションで
朝5時前に起床。

僕はリーダーを拾って、
ギター1のハワイさんの家に6時到着。

程なくパーカスのたくちゃん、オッキー、
ギター2のふじたくんも到着。

 

積み込み練習の甲斐あって
見事に積載完了。

心なしか前輪が押し潰されている気が・・・。

 

名古屋までの450km。
会場入りは15時。
道中の予期せぬトラブルへの対策も含めて、
片道8時間計算で慌てず向かう事に。

 


何と言っても信越地方は今桜が見頃のど真ん中。

ハワイさんちの目の前の小学校も
見事な桜で飾られていましたが、
道中からの眺めも淡いピンクでまさに春色の景色。
そりゃあ野郎6人のむさ苦しい車内もほっこりしますよね。

 

いくつかのパーキングエリアに立ち寄った中でも
川中島合戦場近くの食堂でパーカスたくちゃんが食べていた蕎麦に
メンバー一同「やっぱ信州は蕎麦だね」と納得。


次のパーキングエリアで他のメンバーも昼食タイム。

しかし蕎麦では足りない気がして
僕は「牛焼肉丼(塩ダレ)、
リーダーは鉄板の(はずの)「ラーメンチャーハンセット」、
パーカスのオッキーは裏名物(?)の「ろうめん」。


何だか、
満腹にはなったものの
手打ち風の蕎麦に行っておけばよかった感がひしひし。

リーダーは特に、
鉄板のはずのメニューでありながら一言
「こんなはずじゃなかったのに」。
そんな味だったんでしょう。

 

パーカス・オッキーは、
マックを始めとするファストフード/ジャンクフード愛好家との事で、
今回の旅でもその「ろうめん」、「味噌ダレ串団子」、「味噌カツ」と
ご当地名物系F/Jフードをしっかり押さえていました。

ここら辺は全くブレがなく真面目に感心します。


8fc793bf.JPG






因みにコレが最後部座席から見た車内。
人間ばっかりです。

 

汗ばむくらいの陽気とエコノミークラス症候群寸前の中
いよいよ中央道を経て東名高速、名古屋高速に突入。
交通量も徐々に増え、
いよいよ乗り込んだ感がじわじわ。

 

ちょっと到着が早過ぎたようでした・・・。


 

拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。
まずは無事終了致しました。

 

今回はmonoeyeにとっての初・中京地区。
対バンの「Nabowa」の皆さんは京都の人気バンドとの事で、
LIVEは完全アウェイ予想。
ここは一つビシッと決めなければ。

 

その前に

無事に着かないと。

 

 

先日書いたように、
借りる算段だったハイエースは5人乗り、
monoeyeは6人という事で計画変更、
急遽僕のオデッセイ1台でロードに出る事に。


心配で仕方なかった・・・というか、
絶対無理だと思っていた。
メンバーだけでなく機材も当然結構ある訳だし。

こりゃ却下だろう・・・。


そう思いながらも、
バンドリハ後の夜中の積み込み練習(笑)で
メンバーも荷物も全部入ることが判明。

あえなく採決。

 


こんな形でこの車のポテンシャルがフルに発揮される予定ではなかったが(笑)、
今話題のETCマジックの恩恵を受ける為にも
これはマストの作戦な訳で。

 

そうして集合は
当日の朝6時に決定(!)。

 


エラい旅になりそうな予感・・・・・。


 

拍手[0回]

1/18(日)のLIVE、
「ELEVATION@CLUB RIVERST」。

お陰様で大盛況の内に終了しました。


当日は息子の参加行事がありリハに参加できず(苦笑)、
他のメンバーに迷惑を掛けてしまったなと思いつつ、
一度だけながら出演したハコなので結構信頼がありました。

多分大丈夫。


1バンド目は会場に到着できなかったので観られず、
3バンド目のKeeshkas Soundservice
出番前なのでフロアでは観られず。


唯一演奏をフルで観られたのが
2バンド目の魔界ポリゴン
かつて僕も活動を共にしていた間瀬啓介のバンド。

4人のバンドでしかも全員が実力派プレイヤー。
そして間瀬の作曲センス。
それが融合して繰り出される存在感。

しばらく表立った活動をしていなかった彼が、
文字通り「帰ってきた」姿を見られて
とても感慨深かった。

よかったよぉ~。


そして我々monoeye
気分良くやらせて頂きましたよ。

セカンドアルバム(お陰様で好評です)からより明確に
「DANCE」にターゲットを絞っていますが、
その真価が発揮される / 問われるのがまさにLIVE。

回を追う毎に
お客さんとメンバーの間で繋がっていくそのDANCE衝動が
目に見えるように感じられています。
そしてそのDANCE衝動を更に鼓舞して更にGROOVEさせる。
これは快感以外の何物でもありません。

いや、
その感覚をまだまだ精製していきます。


GROOVE CHAOSは終わりませんよ。


拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]