忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10


この7月に新しくオープンしたとある店。






新しくオープンしたはずなのに

前に一度ライヴをした事がある店(名称変更前)。






人生初のレギュラーライヴ獲得。






その初回。






お客さん3名。







・・・。







「売りはバンドの生演奏」





それはつまり、

店の「売り」を他人に任せているって事ですね?




生演奏が無ければ

何の「売り」も無い店。




それじゃあ、

お客さんは来ないよね。






人生初レギュラーライヴ。

先行きが不安・・・。




拍手[0回]

PR

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


無事にLIVEを終了し、
「Nabowa」のLIVEしっかり堪能。
90分のプログラムをキッチリと「Nabowa」ワールドで包んでいました。
人気バンドの人気バンドたる所以でしょうね。

 


微笑ましかったのは、
「Nabowa」のメンバーさんとmonoeyeのメンバーで
エフェクター整列談義(笑)に円陣を組んでいる姿。

engine.JPG












機材って、
オモチャなんだよね。

 


・・・と、
本当はここから
せっかく来た名古屋を堪能したいところだったんですが、
何と言っても「ETCマジック」の恩恵を受ける為には
今日中に高速道路に乗らなければいけない。

再び手際よく機材を積み込んで
今回お世話になった「DOXY」のしゅうさん&マスター(?)、
「Nabowa」の皆さんに別れを告げ、
会場周辺しか見られなかった名古屋を後にしました。

 

 

中央道に入って程なく突入した恐怖の下り坂。
メンバーには言いませんでしたが、
唯でさえ重くなった車体が物理の法則でどんどん加速し
ブレーキも壊れそうな勢いになってました。

そういえば朝、
「さすがに重いなあ」
そう思っていたのは、
重いだけでなく上り坂だったからかもしれませんね。

 

恐るべし名古屋。

 

 


帰りに長野県内のサービスエリアから見た夜景が
予想していなかっただけに余りにも綺麗で、
車のキーをするのも忘れて(!)メンバー全員で見とれていました。

深夜1時過ぎ。
この時間でこのイルミネーション。
思いがけず新潟の敗北を感じた瞬間(笑)。

 


結局信州蕎麦も食べず、
妙高で高速を降りて温泉にでも?というリーダーの誘いにも乗らず
(だって帰って寝たかったんだもん←温泉は入ったら泊まりたい派)、
一路ハワイさんちを目指しました。

 

 

しかし。

分かってはいる事ですが、
遥々450kmの道のりを乗り越えてETCレーンをくぐる瞬間に聞こえてくる
「料金は、\1,000-です」
には調子狂いますね。
キミ算数できる!?!?
と思っちゃいます。

つまり大歓迎って事です。
永遠にやっててくれないかしら?

 

 

全行程できっちり24時間の今回の演奏旅行。
長い時間を呆気なく過ごした
コッテリサッパリな1日でした。

きっと次に繋ぎたいですね。

 

拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


初の名古屋。

完全アウェイを覚悟してのLIVE。


しかし、
わざわざ名古屋から新潟まで僕のレッスンに通ってくれているK.T.クンも
約束通り観に来てくれました。
心から感謝!
&レッスンの度毎に今日来た道を往復してきてるんだという
驚嘆の感慨に包まれました。

君は凄い。

 

今回のLIVEで再確認した事。

 

自分の演奏内容には、
場所も観客も関係ない。
自分次第。

 


自分が演奏する曲に対して
自分がやるべき事、やりたい事が明確であれば、
仮に反省点が残ったとしても
どうすべきかの対策も反省と同時に明確になる。

 


そういいつつ、
このLIVEのお客さんはとても暖かかったです。
初対面にも拘らずmonoeyeのCDを2枚とも持っているという男性。
帰りにCDを買ってくれた方。
他にも声を掛けてくれたお客さんは何人もいました。
正面からmonoeyeを受け止めてくれたのがとても嬉しかったです。

 


そんなお客さんの為に、
演者は全身全霊で表現しないといけない訳ですね。

 

拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


15時入りの予定が14時過ぎに現場に到着。
流石に店は開いてない。

まあ勿論そのくらいは想定内。
むしろそうなるつもりで到着したので
問題はありません。


kambam.JPG
 






bbe3b176.JPG







お店のスタッフに到着の連絡をし、
機材を降ろして車を入庫、
しばらく待ってスタッフの方ご出勤、
機材搬入、
パーカスのニュー・ギア「ハンドソニック」のサウンドチェック、
対バンの「Nabowa」の皆さん到着、
monoeyeのリハまで約1時間・・・。

 


またしても暇。

 


のども渇いたし、
キンキンのビールでも一杯・・・。





結局「Nabowa」のリハを鑑賞しつつ
会場の「DOXY」でビールで乾杯。
オーガニックなサウンドに包まれて結構いい気分。
これが人気バンドの音なのね。

 

monoeyeもリハを終え向かったのが
名古屋といえば!の手羽先の店「やまちゃん本店」。
異様に早く出てきた手羽先とビールで改めて乾杯。
お手元の包み紙にあるHow To食べ方にほぼ忠実に
全員で一気にむさぼる。

指をなめる。

ビールを飲む。

を繰り返す。
 tebasaki.JPG








「Nabowa」の皆さんも別席からわざわざ乾杯に来てくれました。
好青年だ・・・。
これが人気バンドのお人柄なのね。

 


開演時間までわずかだったので
やまちゃんはサクッと終わらせてDOXYに戻る。


さて、行きますか。


 

拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


迎えた当日。

 

結局4時間程度眠れたかどうかというコンディションで
朝5時前に起床。

僕はリーダーを拾って、
ギター1のハワイさんの家に6時到着。

程なくパーカスのたくちゃん、オッキー、
ギター2のふじたくんも到着。

 

積み込み練習の甲斐あって
見事に積載完了。

心なしか前輪が押し潰されている気が・・・。

 

名古屋までの450km。
会場入りは15時。
道中の予期せぬトラブルへの対策も含めて、
片道8時間計算で慌てず向かう事に。

 


何と言っても信越地方は今桜が見頃のど真ん中。

ハワイさんちの目の前の小学校も
見事な桜で飾られていましたが、
道中からの眺めも淡いピンクでまさに春色の景色。
そりゃあ野郎6人のむさ苦しい車内もほっこりしますよね。

 

いくつかのパーキングエリアに立ち寄った中でも
川中島合戦場近くの食堂でパーカスたくちゃんが食べていた蕎麦に
メンバー一同「やっぱ信州は蕎麦だね」と納得。


次のパーキングエリアで他のメンバーも昼食タイム。

しかし蕎麦では足りない気がして
僕は「牛焼肉丼(塩ダレ)、
リーダーは鉄板の(はずの)「ラーメンチャーハンセット」、
パーカスのオッキーは裏名物(?)の「ろうめん」。


何だか、
満腹にはなったものの
手打ち風の蕎麦に行っておけばよかった感がひしひし。

リーダーは特に、
鉄板のはずのメニューでありながら一言
「こんなはずじゃなかったのに」。
そんな味だったんでしょう。

 

パーカス・オッキーは、
マックを始めとするファストフード/ジャンクフード愛好家との事で、
今回の旅でもその「ろうめん」、「味噌ダレ串団子」、「味噌カツ」と
ご当地名物系F/Jフードをしっかり押さえていました。

ここら辺は全くブレがなく真面目に感心します。


8fc793bf.JPG






因みにコレが最後部座席から見た車内。
人間ばっかりです。

 

汗ばむくらいの陽気とエコノミークラス症候群寸前の中
いよいよ中央道を経て東名高速、名古屋高速に突入。
交通量も徐々に増え、
いよいよ乗り込んだ感がじわじわ。

 

ちょっと到着が早過ぎたようでした・・・。


 

拍手[0回]

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]