忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


momoeye@鰻谷SUNSUI(大阪)。

どうもあれこれやらないといけない作業が
次々舞い込んで来てまして、
ブログの更新が滞ってしまいました。

スンマセンー。

動画もUPする予定ですが
軽くインプレ。





今回は僕個人的にも初の大阪上陸。

しかしライヴに関しては全く不安はありませんでした。

やる事は決まってますから。




今回のライヴは11/21(土)。

23日までの3連休。

て事は、

紅葉目当てに近畿地方は大渋滞に決まっている!

て事で、

朝6時に集合。

carwindow.JPG








暴風雨(笑)。

画像はリーダー宅前の車中から撮った写真。

一瞬綺麗な写真に見えますが、

まあぶっちゃけ何やらさっぱり判りません。



今回は紅葉を楽しみにしていましたが、

高速に乗って程なくの遮音板に絡まったツタが

今回一番紅葉していました(苦笑)。




出演した会場は鰻谷SUNSUI。
http://www.sunsui.net/

出演したイベントは

半野喜弘RADIQ SEPTET presents

『PANIC IN A SPACESHIP』TOUR in 大阪。


大いに盛り上がったライヴの後は

串揚げを堪能しこの日の宿「大正ゲストハウス」へ。
http://taisho-inn.sakura.ne.jp/index.html

とても雰囲気のあるいい宿でした。

大阪に行った際は是非ここに泊まるべきです。

完全素泊まりですが

1泊¥2,000-で超お得です。




帰りには「やっぱココでしょ?」てことで

大阪城へ。

oosaka-castle.jpg










いやあ、パワースポットってんですか?

何か感じましたよ。



積まれた石の噛み合い、

驚愕の巨石、

想像を超える堀のスケール、

そして城の威容。




あの天守閣から下界を見下ろせば、

そりゃあ「天下取った!」という気持ちで満ち満ちる事でしょう。



多くの人が築城に関わりあの美しい城を造り上げた。

その執念と犠牲の渦があの場所にあった実感がありました。

ええモン見たわぁ~。




東京ツアーは行って帰るだけ。

でも他の地域はいろんな楽しみがあります。



景色、食、人。


どれも心に残ります。



勿論今回の大阪ツアーも。


拍手[0回]

PR

昨夜は『PANIC IN A SPACESHIP』feat.半野喜弘RADIQ SEPTETで
大盛り上がりでした。
来て下さった皆さん有り難うございました。

明日はナゴヤ「DOXY」です。
春は桜を見ながら行きましたが、
今回は紅葉が果たして見られるか。

それでは行ってきます。


テバサ!キ!

拍手[0回]


甲子園決勝。




例年他人事に思えていたこの響きが

まさかこんなに感動的に聞こえてくるとは。




中京大中京 VS 日本文理高校の決勝は

素晴らしい試合だったようですね。





仕事がガッツリかぶっていたので

一瞬たりとも観る事はできませんでしたが、

夜のレッスンの生徒さんから聞いた話だけで

感動の余り鳥肌が立ちました。






若いって素晴らしい(笑)。





あの場所とあの空気を楽しんで、

持てるもの全てを発揮できたんでしょうね。

そりゃあ悔いなんて残りませんよ。

胸張って帰ってきて欲しいと思います。






感動を有り難う。

日本文理高校。





観てないけど(涙)。


拍手[0回]



この7月に新しくオープンしたとある店。






新しくオープンしたはずなのに

前に一度ライヴをした事がある店(名称変更前)。






人生初のレギュラーライヴ獲得。






その初回。






お客さん3名。







・・・。







「売りはバンドの生演奏」





それはつまり、

店の「売り」を他人に任せているって事ですね?




生演奏が無ければ

何の「売り」も無い店。




それじゃあ、

お客さんは来ないよね。






人生初レギュラーライヴ。

先行きが不安・・・。




拍手[0回]

 

4/12(日)monoeye@名古屋DOXY
『Nabowa vs monoeye』。


無事にLIVEを終了し、
「Nabowa」のLIVEしっかり堪能。
90分のプログラムをキッチリと「Nabowa」ワールドで包んでいました。
人気バンドの人気バンドたる所以でしょうね。

 


微笑ましかったのは、
「Nabowa」のメンバーさんとmonoeyeのメンバーで
エフェクター整列談義(笑)に円陣を組んでいる姿。

engine.JPG












機材って、
オモチャなんだよね。

 


・・・と、
本当はここから
せっかく来た名古屋を堪能したいところだったんですが、
何と言っても「ETCマジック」の恩恵を受ける為には
今日中に高速道路に乗らなければいけない。

再び手際よく機材を積み込んで
今回お世話になった「DOXY」のしゅうさん&マスター(?)、
「Nabowa」の皆さんに別れを告げ、
会場周辺しか見られなかった名古屋を後にしました。

 

 

中央道に入って程なく突入した恐怖の下り坂。
メンバーには言いませんでしたが、
唯でさえ重くなった車体が物理の法則でどんどん加速し
ブレーキも壊れそうな勢いになってました。

そういえば朝、
「さすがに重いなあ」
そう思っていたのは、
重いだけでなく上り坂だったからかもしれませんね。

 

恐るべし名古屋。

 

 


帰りに長野県内のサービスエリアから見た夜景が
予想していなかっただけに余りにも綺麗で、
車のキーをするのも忘れて(!)メンバー全員で見とれていました。

深夜1時過ぎ。
この時間でこのイルミネーション。
思いがけず新潟の敗北を感じた瞬間(笑)。

 


結局信州蕎麦も食べず、
妙高で高速を降りて温泉にでも?というリーダーの誘いにも乗らず
(だって帰って寝たかったんだもん←温泉は入ったら泊まりたい派)、
一路ハワイさんちを目指しました。

 

 

しかし。

分かってはいる事ですが、
遥々450kmの道のりを乗り越えてETCレーンをくぐる瞬間に聞こえてくる
「料金は、\1,000-です」
には調子狂いますね。
キミ算数できる!?!?
と思っちゃいます。

つまり大歓迎って事です。
永遠にやっててくれないかしら?

 

 

全行程できっちり24時間の今回の演奏旅行。
長い時間を呆気なく過ごした
コッテリサッパリな1日でした。

きっと次に繋ぎたいですね。

 

拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]