忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

シルバーウィーク目前です。
(この命名、微妙だと思います)



ようやく今月初頭に行ったLIVEをレビューしてみようかなと思います。




先ずは何と言っても
『青木組LIVE!』

9/5(土)、15:00~と19:00~の2回公演。

各130席がナント満員。

ゴイスー




ヤマハミュージック新潟から

多くの講師/演奏家を輩出しておられる青木先生の、

門下生中でも選りすぐりのメンバーで結成された精鋭軍団。

それが『青木組』です。




男女各3名の計6名が

エレクトーンhttp://electone.jp/という鍵盤楽器を駆使して

様々な音世界を作り出す。


僕はそこにドラムで彩を加える為に頑張らせて頂きました。




ちょっとこのブログにも上げましたが、

前日の金曜日は終日リハーサル。

本番当日も朝から2回の通しリハを行ってからの

本番2回。


ま~タフな仕事でしたね。


aoki-gumi01.JPG







aoki-gumi02.JPG







リハーサルの模様です。

ステージ両脇にスクリーンが。

ここに様々な画像や動画が映し出されるのです。

スクリーン作成は出演者Kuyunaちゃんのお母様。

凄い協力体制。



そして僕のセット。






エレクトーンと言う電子楽器とアンサンブルさせる為に、

今回は電子ドラムを使用。


しかしながら、

ヤマハでの公演にも拘らず僕の持つ電子ドラムはR社製。



自主規制でメーカー名は目隠ししましたが、

ついでにK-FUNK仕様にカスタマイズ。

1e0b2667.jpeg










ロゴを貼り付けました。


まあどうせ誰も気付きませんよ。ええ。

この画像でもよく判らないでしょうし。ええ。





肝心の演奏は、

J-POPありJazzyなアレンジあり、

更にはクラブ系サウンドやゴリゴリのフュージョンもありと

それはそれは多種多彩な音楽性に亘っていました。



電子ドラムは音色自体を変えられるのが

生楽器と違って便利なところですね。

引き換えに思うように行かない瞬間も多々ありましたが。





エレクトーン演奏は基本的には

楽譜通りプログラム通りに演奏すべく存在する楽器。

その存在意義はフィギュアスケートに似ていると思います。



規定演技をキッチリこなしつつも

そこには芸術性、表現力やドラマが要求されます。

僕が選ばれたと言うことは、

そこに即興性という色彩を織り込むのが役目なのだろうと。

つまりJAZZ。




フィギュアスケートもJAZZも瞬間芸術には違いありません。


しかし全く同じルーティンをひたすら繰り返すことで

常に同じクオリティの瞬間芸術を作り出すべく努力を重ねる

フィギュアスケートと、

正に瞬間芸術として存在し

全く同じ演技(演奏)は二度と訪れない儚さの中に

どれだけの芸術性を織り込めるかが命のJAZZは、

僕が語るまでも無く別物です。



エレクトーン演奏に日々研鑽を重ねる若い才能達に、

僕の今現在持てるJAZZ性で何かしらの一石が投じられたならば、

今回のコンサートは僕にとっても非常に意義深いものになると思います。





しかしヤマハ出身者の精神力の強さには脱帽しました。

同じ演奏を2日間の間に10回も20回も(しかもそれが10曲分以上)

繰り返すなんて。




降参しました。


拍手[0回]

PR

さて8/27(木)。

記念すべき日。

『monoeye@Jazz Flash』。





夏のジャズストリートに初参戦したmonoeyeが
今度は老舗ジャズ喫茶でのLIVEを敢行!




グランドピアノが鎮座するステージに、
Gt.×2、Per.×2、BsにDrsの
計6人が果たして乗れるのか!?!?!?



当日を迎えるまで誰にも判りませんでしたが、
ピアノの下にあった荷物をマスターが移動しておいてくれたお陰で
問題なくピアノの位置を変えて
全員ステージに乗ることが出来ました。




会場についてのマスターの一言目が
「疲れたよ」でした。
これからライヴなんスけど。(笑)



LIVEの方は、
お客さんが全員着席状態で
しかもお客さんの顔がバッチリ見えるという
いつもの勝手と随分違う様子に
やる方も聴く方もちょっと緊張気味?の
アウェーVSアウェーの
不思議な空気が流れていました(笑)。

そんな中でしたが、
ありがたい事に僕は
度々Jazz FlashさんでLIVEをさせてもらっているので
何となくホームゲームな感じで
演奏に臨めました。




1st.セット終盤から2nd.セット辺りは
もう随分場もこなれて来て、
monoeyeの定番曲もうまく作用し
ノリノリでピースな雰囲気になっていたと思います。


そして今回の目玉はコレ。


1st.アルバム「atocata utacata」収録の珠玉バラード、
『atocata』です。


これからはまたLIVEでやっていくと思いますので、
巷に密かに広がっている(想像)atocataファンの皆様
どうぞお楽しみに。




Jazz Flashさんには
今月23日(水・祝)にも登場します。
皆さん是非観に来て下さい。

8月よりさらにグレードUP&グルーヴUPして臨みますよ。




拍手[0回]


お次は8/23(日)に長岡の郭公で行われた
『山崎英夫Quartet』。



この郭公というお店、
マスターが僕と同郷出身という事で
勝手に親しみを覚えるお店です。




Gt.の山崎氏がリーダーのこのバンド、
実は長岡在住のトランペッター細木さんが
山崎氏を勝手にリーダーにしていたという(笑)。
さすがは細木さん。




選曲はスタンダードありジャズロック/クロスオーヴァーあり、
更にはR&Bの名曲まで!
Gt.&Tpというフロント2人に
東さんのベースと僕のドラム。
変則的なQuartetなのでどんなアンサンブルにしたって
絶対新鮮に聴こえる訳です。


だからこそ
スタンダードではない曲が面白い空気を
醸し出していたのではないでしょうか。




異様にノリのいいお客さんが
のっけから手拍子バンバンくれたり
何とも他では味わえない雰囲気のLIVEだったのが
印象的でした。


いつ来てもいいお店です
郭公。




残念ながら来年2月にこの店は閉店するそうですが、
マスターは別の場所に別のお店を構えたいと仰っているそうです。


新しいお店も
LIVEができるお店になるといいなあ。


マスター是非お願いします。




拍手[0回]


明日のコンサートの為の、

仕込み&リハーサル。





今日の僕の参加時間は11時間半。





明日は通しリハ×2に、

本番×2。





各1時間半ずつ、

計ステージ4回分。






明日の全体所要時間、

時間12時間の予定。





死ぬる・・・。





拍手[0回]


今年で11回目を数えると言う、

すっかり夏の風物詩となった「万代ジャズフェスティバル」。
http://www.bandaicity.com/modules/event03/index.php?id=8

僕は今年で3年連続3回目の出場。



それぞれの回にそれぞれの思い出はありますが、

今回は最強でした。





出演は、

僕達「万代ジャズスペシャルバンド」(笑)。

山崎英夫氏(Gt)、二野明氏(Pf)、横田康雄氏(Bs)と僕の4人。

結成が昨年の8月。

そしてコレが2度目のLIVE。

みたいな。






そして「グレース・マーヤBAND」(若いのに王道路線を堂々やり切る潔さ!)、

まさかの「大西順子TRIO」(神がかってました。空気が一変!)、

そして「TOKU × TOKU BAND」(いつ聴いてもいい声。ウットリ←マジで)、

恒例の大トリ「SWING BROTHERS BIG BAND」(いつ聴いてもご機嫌!)





しかし大西順子さんの世界観は圧倒的でした。

スゴイ速さで指が回り続け、

BPMも目まぐるしく変わり、

ベースの安ヶ川さん(音がブットい!強烈な存在感)と

ドラムのGene Jackson
(H.Hancock、W.Shorterのバンドのドラマー。ソロになるとデニチェンに変身!!)、

そんな強力なリズム隊を完全に置き去りにして

長~~~~~いソロを展開するんですが、

そこからTuttiに戻るアインザッツが

完全に「児童に合図を送る先生」の図でした。

もう圧倒的です。





そしてその次に「TOKU」氏。

地元出身のボーカリスト/フリューゲルホルン奏者。

大西順子さんの後でどうなるかと思いきや

あのメロウな声とフリューゲルホルンで

キッチリ自分の世界に塗り替えちゃいました。




どちらもスゴイ。





S.B.B.Bの演奏の最後・恒例のジャムセッション大会では

TOKU BANDの
山内陽一朗氏とのドラムバトルも実現!

何よりGene Jacksonと藤山E.T.英一郎氏(グレースマーヤBANDのドラマー)が

他を圧倒する(置いてけぼりにする?)ドラムバトルを展開。

爆笑!!






終了後はそのドラマーズと握手。

正に真夏の夜のジャズ。

思い切り堪能させて頂きました。





P.S.

TOKUさんのブログです。

いいコメントくれてます。

http://ameblo.jp/toku-jazz/


拍手[0回]

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]