忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15

2009y07m22d_222808171.jpg







無事に終了しました。

7/18(土)19(日)の両日に亘り行われた

「新潟ジャズストリート」。




この両日、

同時多発的に、

合計32箇所でジャズを中心としたライヴが

行われました。




僕は計6バンドで出演しましたが、

その中の、

「monoeye@古町モール6」はアツかった。





ストリート演奏は観覧無料。

それだけに、

それを目当てに来る人が少ないというイメージがありました。

そして来るお客さんは、

椅子に腰掛けてじっと演者を見つめるというのが

定型化していました。





この2つを覆す。







見事的中!!







どんどん増えていくオーディエンスに、

広がるダンスの輪。

コレだ。

コレが、我々monoeyeが目指した画だ。





下のリンクは

用意していないアンコールを受けて

2回目の演奏となった『Time』です。







コレこそオレたちがやりたかった事。

成し遂げたぜ!!





「Freedom」「Jazz」「Dance」!



拍手[0回]

PR

3日間に亘るLIVE攻勢が
怒涛のように押し寄せて一気に終了しました。



17日(金)monoeye、18日(土)3バンド、19日(日)3バンドと
計7本のLIVEで、
3日間合計で約10時間(!!)演奏しっぱなしでした。

これはスゴイ。

我ながらよくやったと思います。




細かいレビューは改めて書きたいと思いますが、
蒸し暑さを熱気で圧倒するようなLIVEの模様が
以下のHPでご覧頂けます。




「--はちがつのおわり--」
http://hachigatsunoowari.com/


「ジャズ・イン新潟」
http://www.inet-shibata.or.jp/~jazz/home.htm



※「ジャズ・イン新潟」のトップページは
数日毎に更新されます。


拍手[0回]


9679c638.JPG




昨日(7/2)は、
Depasse Nord(ディパッス・ノー)として
パーカッションで演奏に参加してきました。





このユニットでの演奏も
ここ3ヶ月の間連続でやってきましたが、
取り敢えずこれで一段落。
お客さんもとても温かく
僕達の演奏に聴き入ってくれていましたね。

僕は、
その集大成としての演奏をすべく
集中し、楽しんでやりました。

ギター、ピアノ、そしてパーカッション。

なかなかいい組み合わせだと思います。
手前味噌ですが。







そしてその場所というのが、
「ホテル日航 / TOKI Messe」の
31階展望室。

頭の写真は、
リハーサル終了時に撮影したもの。
大きさの判りそうなものが少ないですが、
目の前を横切る形で横たわっているのが
日本一長い川、「信濃川」です。

遠くには日本海も見えます。






こんな絶好のロケーションでの演奏。
夜には綺麗なイルミネーションを見下ろしての
素晴らしい眺めでしたよ。





今回はイベントの企画から、
和装のお客様が多数見えました。
いつもとはちょっと違った趣き。

たまにはいいですね。





和服が似合う男になりたい。

それには、
渋みも重みも
何もかも足りなさ過ぎる・・・。

どうしたらいいんだろ?






拍手[0回]


昨日。

6月23日。

『渡邊琢磨+千住宗臣Duo』@Junk Box。

by ANTI MUSIC。

大盛況の内に終了しました。








あれは先週の話。

monoeyeリーダーから、

「この前録った曲、アレンジ変えます」

既にドラムのレコーディングを終えた曲(新曲)が、

リズムもテンポも違うデモ音源になってやってきました。







「6/23のライヴが終わったら録ろう」






数日前。






「6/23、ライヴ前に録らない?」






おぅっっっ…。

そう来たか。



まあ、

レコーディングといっても1曲のみ。

パパッと録れれば、

一度家に帰って一休みしてからでも

ライヴに十分間に合う時間。






と思ったけど、

ある程度予想していた状態より

結構精神的に余裕なかったなあ。






まあでも無事に作業は終了。

ライヴの方はというと、

開始直前にぽつぽつとしかいなかったフロアのお客さんが、

monoeyeがステージに出てみると

パッと見で人しか見えないほど大勢になっていました。





これでレコーディングから続いていた緊張状態が

間違いなくいい方に向きました。



時間の流れと音の流れ。

それを区切る、或いはその流れを加速するリズム。

トーンによって変わる色、景色。

僕自身は緊張感と平常心のバランスが取れて

それらを楽しむことが出来たと思います。

これは、

イベントを仕切ってくれたANTI MUSICの円秀さん、
http://d.hatena.ne.jp/antimusic/

そして会場に来てくれた大勢のお客さんのお陰です。

どうも有り難うございました。






こうして、

高濃度な1日が、

喜ぐちの旨い料理と酒と共に

流れていきました。







昨日。

6月23日。

『渡邊琢磨+千住宗臣Duo』@Junk Box。

by ANTI MUSIC。

大盛況の内に終了しました。



拍手[0回]



monoreco01.JPG








スタジオのセット。
名器Recording Custom。


monoreco02.JPG










P.アースキン考案の「自立型スティックバッグ」。
上にはクリック用イヤホンとミキサー。


monoreco03.JPG










プレビューをチェックするリーダー。








ピースな空気に包まれた

この25分後、

僕が財布を忘れていたことが判明。

リーダーに駐車場代(\300)を借りました。






オレって

可愛すぎる。






拍手[0回]

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]