忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


寝室に4歳と1歳女児遺体…妻「育児に疲れた」



やりきれないですね。

可愛いわが子を、

お腹を痛めて産んだ子を、

自らの手で殺めるなんて。

心の闇の深さを物語っています。





日頃から感じるのですが、

そもそもイマドキの子育てって、

何かおかしくないか?と思ってしまいます。





子育て、躾(しつけ)は

家庭で家族がするもの。

勿論親が中心ですが、

おじいちゃん、おばあちゃん、

兄弟、

そしてご近所が関わっていくものですよね。




そして学校はというと、

親はついて行けませんから、

親の権限を全て先生にお任せして、

学校にいる間だけは親の代わりをして頂く。

僕はそういうものだと思います。





ところが今はどうでしょう。





子育てをどこかしらの何たら先生に習って、

学校の先生には子供の教育について

いろいろ口出しをする。





真逆じゃないですか。




イマドキのイクメンパパやキラキラママは、

何故自分が親にしてもらった子育てを

信じられないのでしょう?




育児書も子育て教室もイクメンも、

全部「子育てビジネス」に作られたものですよ。

ワタクシに言わせれば。




その「子育てビジネス」が蔓延した

今の日本という環境が、

冒頭の事件を引き起こしたんじゃないですかね。





いつのまにかそういう闇に堕ちてしまった

このママさんも可愛そうですが、

でもやはり自分がしてもらった子育てを

全く信用していなかったって事ですよね。

むしろその事実が不憫。





そしていかなる理由であろうと、

無抵抗な子供の命を奪うのは

絶対に許せない。

自分の子供に対して、

「人」として向き合っていない証拠です。





何故こんな解せない事件ばかり起きるんでしょう?

日本人が抱える心の闇は、

既に日本を破滅の寸前まで連れて来てしまった。





日本人の本当の敵は、

今や日本人ですよ。






拍手[9回]

PR

吹雪になった"冬のジャズスト"。

ワタクシの出番は12:00〜14:00と、21:00〜23:00という、
所謂「最初と最後」でした。



18:00頃の「器」と「Jazz Flash」に行きましたがどちらも満席で入れず。


スケジュール表を見て音文13練習室に、

昔のバンド仲間と行ってみました。




「Birds Of A Feather」from東京。

若い方々のバンドで3管編成、

しかしアルトサックス、バリトンサックス、ホルンという

ユニークな編成でした。




恐らく音大卒の皆さんと思われますが、

しっかり楽器が鳴っていて基礎力の高さが伺えましたよ。




何よりホルンでジャズを。

しっかり鳴るとホルンはトロンボーンのような響きを持つのだなと新発見。

ピアノの方とホルンの方がボーカルも取り、

若いチャレンジ精神がとても爽やかな皆さんでした。



全国のジャズフェスにも出演されているようですよ。

少し早めに会場に入って、

メンバーの方々と話をするのもジャズストの楽しみ方の一つです。








拍手[0回]

皆様。


もうすっかりお正月気分は終了されたと思いますが、

この年末年始はいかがお過ごしでしたか?




ワタクシは例年のように

年越しライブ&ジャムセッションで新年を迎え、

正月3日からライブで活動再開しております。




その間に、

新たなユニットをスタートさせ、

新たなお客様がお迎え出来、

また以前別の場所で観に来て下さった方が

ふと訪れてくれたり、

そんな中でいつもお世話になっている方々と

ご一緒させてもらう有り難味も

ひしひしと感じておりました。




自分自身の肉体も変化するし、

自分のすぐ身近な環境も変化して行くし、

それでも変わらず演奏させてもらえて、

”継続”と”変化”の同時進行の中で、

いかに自分自身を出せるか。

それこそが今年の、というよりも、

今後永遠に自分の課題になっていくと思います。




それが果たして

どのような結果を一回一回出していけるのかは、

皆さんに是非見届けて頂きたい。




一回一回全てが

その時点の総決算と言えるように、

今まで以上に気を引き締めて行きたいと思っております。




皆様本年も宜しくお願い申し上げます。




K-FUNK a.k.a. ほんまかつのり

K-FUNK's Private Room




拍手[5回]


いや、

気を付けたい事なんて日々山のようにあります。

自分で気付いていない事も含めれば

いよいよ生きるのが辛くなるほどかと思います。




生きますけど。




先日急な用事で実家に帰る事になり、

その足で少し早い墓参りにも行ってきました。

実家は大変な田舎なので、

墓のあるお寺も決して大きくはなく、

参拝者用の駐車場なんてものもありません。



幹線道路に面している為邪魔になるし

本当のところはいけないのですが、

歩道に片輪を乗り上げて路駐するしかありません。

なるべく早く済まそうと思いつつ

でもお墓もきれいにしてあげたい。




古い花を取り去って新しい花を生け替え、

また来るよ~などといいつつ車に戻ると、

運転席側のガラス窓に、

なんと唾を吐いた跡が。




もう、あれですね。

こういう時って、

頭に来るよりも悲しくなりますね。




自分が生まれ育った土地、

一応真摯な心で墓前に手を合わせ、

まあ路駐って事は

確かにワタクシに非がある訳ですが、

その自分が育った土地の人間がやった事と考えると、

本当に怒りよりも悲しさが先に湧きました。





運転中もイライラするような運転をしてくれる人に

皆さんも遭遇する事があるでしょう。

ワタクシもあります。



しかし、

やはり人は言動で「里が知れる」訳でして、

その「里」を汚すような真似だけは

してはイカンなと心に誓った日でした。



はぁ...。





拍手[6回]


先程カーディーラーに車の修理で行ってきました。

フロントパネルに、

エンジンの形の警告灯が点いたためです。




今の自動車は「メインテナンスフリー」といって、

例えばバッテリーにしても、

バッテリー液の補充などは一切出来なくなっています。

完全に密閉されたブラックボックスです。



エンジンも全くその通り。



エンジンの警告灯が点くと、

エンジン内の何かしらの不具合があるという事になります。



その「何かしら」は

ディーラーにある専用チェッカーでないと判別不可能。



今回は水温計の補助センサーの不具合だったので

走行には直接的な悪影響はないということで、

警告灯点灯のまま一週間走ってました。




この不具合を修理するのに¥8,000-超。




しかしこれを修理しておかないと、

別の致命的な不具合が起きた時に

気付かないという仕組みになっています。



つまり。



補助センサーを数々付けておき、

重要な警告と一まとめにする事で、

細かい修理も強制的にさせる事ができる。



上手いことやりますねー。



フリーというのはユーザーが保守から

解放されるという意味なんでしょうが、

何故か不自由な印象を受けるのは

気のせいなんでしょうか........。





拍手[2回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]