忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
11/26~30に亘ったワタクシの広島ツアー。
そのレビューはもう完結しているとお思いの皆様。
 
そうはいきません。
 
というのも、大事なことがまだ残っているのです。
※今回ももれなく長文注意ですのでご注意を。
 
 
今回広島でお会いした皆さんは、ワタクシが音楽をする為に出向いた事から当然音楽の現場でお会いした方々です。

そういった方々との邂逅は、そういった方々からもたらされる、形のあるものとの邂逅でもあります。
 
まずはこれです。CD。

 
技術だけに留まらず、表現方法、表現の場の選定と創造。
そしてその表現の核となる衝動。
またその衝動との向き合い方、磨き上げ具合。

それらの作品が凝縮されCDという形になっていますので、生演奏に対する意味で敢えて「モノ」と言わせて頂きました。
 
 
丹精込めて魂込めて作られた作品ですので腰を据えて聴かないと感想など書いてはイカンなと思っていましたが、聞き出すと一気に聴いてしまうものです。
 
 

 
大判のとても凝ったデザインを持つジャケットに収められたCDはリーダー宮田麻美さんによるソリッドなアレンジでパット・メセニーの曲をしなやかに聴かせてくれます。

しかしそのしなやかさは、四声という、ジャズを表現するハーモニーとしてはかなり制約のあるスタイルをもって不足を全く感じさせず、それどころか四声以上の広がりをハーモニーの変化と共に見事に創造されています。

メセニーの音楽には、どんなにスリリングであっても、ワタクシはある種のノスタルジアやセンチメンタリズムを感じるのですが、それが美しい音色、ハーモニーと共に胸に迫る、素晴らしい作品集です。

宮田さんと共にレコーディングに参加された久保田麻里さん、前田悠貴さん、プロデューサー兼の藤井政美さん、ゲストプレイヤーの因幡由紀さん(vo)、Juan Ortis(ホアン・オルティス、pf)、山口圭一さん(Per、Drs)。
素晴らしい音楽をありがとうございました。
 
 

そして今回の邂逅を一方的に楽しみにさせて頂いた方、奥田治義さん(b)。
 
『孤高のベーシスト』と、紹介文には必ず冠が付けられる奥田さんの、孤高なご様子はSNSでは拝見しておりました。
是非その演奏を聴かせて頂きたいと思っていましたが、奥田さんもCDをリリースされているとの事。
勿論頂きます!
※画像左

一言で言い表す事は愚か、一度聴いただけでは表現時の心象、その音を発するに至る瞬間の衝動、それらはまだ正直分かりません。

しかし全曲を聴き終えて感じたのは、楽音、非楽音全てをCDというメディアに込めるのが目的だったのではないかと。
それはつまり、「生きる」という営みと「演奏する」という芸術行為の垣根を取り払う(壊す?消す?)事が奥田さんの目指すところなのかなと、浅はかな思考で感じました。

カルフールの、一切の無駄を排除した構築美とは対極のようでいて、結果皆さん人生を賭して向き合われている点は全く同じなんですね。
 
 

お次は今回初共演させてもらったスペイン人ピアニスト、Juan Ortis(ホアン・オルティス)
 
カルフールのCDでも客演していますが、瑞々しい感覚を持った素晴らしいジャズピアニストです。
その彼が本国スペインで2013年にリリースし、ベストジャズアルバムに選出された、なんとライブアルバム。
※画像中央下

現在のトレンドともいえる、ビンテージサウンドのアコースティック楽器で変拍子やリハーモナイズを次々投入し、しかもそれがさらりと流れるように、時に杭を打つようにドンと印象付けられたり。
本当に変幻自在です。若いのに。いや若いからこそ。

トリオの演奏ですが、全員のリズム感覚の見事な一致によって、一体感と広がりが人数を全く感じさせません。
むしろこれがトリオのあるべき姿なのでしょう。うぬぬ...。
 
 

もう一枚。藤井さんがシリーズリリースされているTiesの第3弾。
※画像右
 
今作は藤井さんのサックスとゆみゆみさんのピアノによるデュオ作品集。
奥田さんの作品とレコーディング場所は同じかしら?
ホールのナチュラルな残響音を活かしたアコースティックな響きがこの作品でもとても心地よく広がります。

選曲も関係していると思いますが、藤井さんの時に力強く時にメロウに歌うサックスと、重厚なサウンドも古き佳きテイストも自在に操るゆみゆみさんの演奏がとてもよくマッチしています。
お二人の関係性が見えるような、とても暖かい雰囲気のCDです。

意外だったM7と、ゆみゆみさんの面目躍如のM8が、このCDのトータルイメージを唯一無二にしていると思います。
 
 

そして番外編。もしくは本題。
 
新潟でニアミスしていたり、SNSではとっくに繋がっていたりで、初対面とは全く思えなかった広島のドラマー、山口圭一さん。

今回のツアーではツインドラムを実現させ、成功かどうかは別として確実に爪あとを残した我々ですが、そんなワタクシに山口氏が兄弟の契りとしてこのようなモノをプレゼントしてくれました。

ドラマー必携の道具、チューニングキー。

しかし形が少し変わっています。

一般的なものはもっと小ぶりなT字形をしていますが、これは片方によった大き目のウィングを持っています。
これがとても握りやすく、しかもねじを回す時に人差し指一本でこの大き目ウィングをクルクルっと回せる。
作業がとても素早く効率的にこなせる訳です。

ただ残念なことにもう生産していないとの事。
彼が使っているのをワタクシはいち早く目ざとく発見していましたが、まさか国内メーカー製品とは思わず。

何しろ見たことないんです。
そんな貴重なものを頂けるなんて!

実は、チューニングキーは消耗品なんです。ネジの差込口が磨耗して割とすぐ使えなくなります。

だからこれは使用せず大事に保管しておきます。
兄弟の契りの品として。
 
 
新潟に戻った次の日からもう広島に行きたくなっているワタクシですが、今回出会った皆さん、手元にあるこれらのモノ、そして自分の脳裏と携帯の画像フォルダにある数々の断片を、いつでも繋ぎ合わせられるように書き残して、次また広島に行ける日を楽しみにしていたいと思います。
 
 

出会った皆さん、藤井さん、そしてANちくしょうに、心から感謝致します。




拍手[5回]

PR
初の広島市訪問ですから、これについて書かない訳にはいきますまい。

到着したそのまま「Mingus」でセッションさせてもらい、藤井政美さんご夫妻につけ麺の美味しいお店(お店は失念しました…)に連れて行ってもらって、心もお腹も大満足した翌日27日(金)。
やっぱり広島まで来て日本三景を見に行かなかったらバチが当たります。
行きました宮島。厳島神社。


実はスピリチュアルなモノの存在を信じているワタクシ。
特定の宗派には属していません(これからもしないでしょう)が、神社仏閣を訪れた時にはやはり敬虔な気持ちが心にふんわりと現れます。
きっと皆さんも同じですよね。

賽銭箱があればお賽銭投げ入れて拝み、お祓い棒(オオヌサ、と言うそうですね)があれば頭を下げて振り回してしまいます。

勿論神社内部外部をカメラでパシャパシャ。

軽く何か食べたいな、と思いつつ、前日のつけ麺が意外に持続力を発揮していたので、アレ行っときました。
焼き牡蠣。

炭火で焼いて、熱々をパクリ!
おほぉ…、また食べたい。もう食べたい。
ワタクシの地元佐渡も牡蠣養殖が盛んですが、小粒で水っぽく独特の臭みが少しあります。
食べますが、正直好きとは言い難かった。
ワタクシが牡蠣を好きになったのは、実は広島牡蠣がきっかけ。
身が詰まって臭みもなく食べ応えのある牡蠣が、炭火焼きで更に身と旨味を凝縮させ、コゲが香ばしさをプラス。
んん~~ん。旨い!
2個で\400-、ワタクシはポン酢とレモン汁で頂きました。
幸せ…。

3日目となる28日(土)はツインドラムの日でしたが、前日にAyacoさんと鳥岡さんと共に餃子をツマミに語らって就寝が4:00だった為起床も少し遅く、準備もあったので出掛ける時間を遅く修正。
すると藤井さんから「ホルモン食べに行く?」とのお誘いが。
美味しい物なら何でも食べたい!
そうして連れて行ってもらったのが福島町の「福本食堂」。
『でんがく』という、一般的な田楽とは全く別物の、ホルモンスープ。
そのホルモンも見た事のないヤツらばかり。
器に入っているそれら一個一個がいったい何なのかを考えたら絶対食べられなくなる。そんなスープ。
でも旨いんです。

塩味で煮たホルモンはスープもサラッとしていて濁りはありません。
ここも一般的なホルモンやモツの煮込みと違います。
モツ独特のグニャリとした食感ではなく歯ごたえのいい具が多かったです。正体は全く未知のまま。


地元の人もそうそう行かないというDeep広島のC級グルメ(愛着を込めて)は、チャレンジ精神旺盛な方に是非食して頂きたい。
ワタクシはこれをクリアしましたので広島を第二の故郷と公言してOKです(適当)。

それでもまだ時間があるので藤井さんの案内付きで平和公園・原爆ドームへ。

モニュメントの向こうに、見づらいですが原爆ドームがあります。

凄惨な現場が綺麗になっていると「その時」を想像しづらいですが、世界で初めて原爆が落とされたという重い事実が何のてらいもなく横たわっている、それこそが現実なんですね。
少しずつ夕闇に包まれ出し、公園やドームもライトアップされます。
そこで、川の際まで降りられるよと藤井さんに促され、水位が下がって水辺ギリギリまで降りてドームを撮影、しようとしたところで藤井さんが、
「その黒い所ところは良く滑るから気を付けて」...

「ね」と同時にズルッ!とスリップ。
思い切りコケました。コケだけに。コケだけに。

雪国に暮らす者、滑る道に慣れているからと甘く見ていました。
見た目は黒くて少しは乾いてるのかと思ったら、完全にアイスバーンと一緒でしたね。
しかしそのコケた事が藤井さんにはかなりハマったご様子で、オレはひょっとして知らず知らずのうちに藤井さんの恨みを買っていたのではないか、憂さ晴らしされているのではないか、と疑いたくなる程ではありませんでしたが、何にしても喜んで頂けたのは光栄です(?)。



この平和公園・原爆ドーム周辺の散策、本当はこの日の昼間にしようと思ったんですが時間がなく、帰るまでに回れるだろうかと心配していたんです。
そこにまさかの天の声。渡りに船。望みが次々叶ってしまう楽しさ、恐ろしさ。
いや、ひたすら楽しかったし嬉しかったです。

最終日は「カミン」JAZZ講座と「サテンドール」のライブのダブルヘッダー。
「じゃあ本間さん最終日は打ち上げしましょう。電車で来てね」
とこれまた嬉しい声を掛けて頂き、それなら昼間に出掛けて名物お好み焼きを食べよう、と思っていたら当日、
「昼めがけて来てください。お好み焼き食べましょう」
絶対テレパシスト。そうですなければ、ワタクシの思考がいちいち藤井さんにメールかファクスで送信されているに違いない。そうとしか考えられない…。
まあ取り敢えず美味しそう。

出演させてもらうお店はどこもご近所ですが、繁華街なので飲食店もズラリ。
そのなかの「ふみちゃん」へ。

お店の鉄板での焼きたてはやはりアツアツ!鉄板の席で食べられたら最高でしたが、それは次回のお楽しみ。

最終日。2つのライブを終えていよいよ打ち上げへ。
連れて行って頂いたのは住宅街の中にある綺麗な和食のお店「田じま」(で合ってるはず)。
オススメの握りと、日本酒「而今(じこん)」の燗。

う、うう、うまい、死ぬ、、、いや死にませんが。

全て絶品でしたが、新潟ではあまりたべないハモ(軽い炙りが最高!)、奈良漬けで軽く巻いたシメサバ(酢が主張し過ぎない!)は椅子から転げ落ちるかと思いました。
そして而今が、シャリやネタの味を殺さずそれどころか握りの旨味をフッと持ち上げてサラッと流れて行く、「これしかないっ!」というマッチングでした。
実は普段日本酒はほとんど飲まないんですが、ベストマッチングなら飲みますよね。合いましたよね。参りましたよね。

しかもワタクシ、嗜好が贅沢に出来ているようで、安い酒は必ず二日酔いするんですが、いいお酒はそれが無いんです。而今も調子に乗って結構行きましたが、翌朝むしろ目覚めスッキリなぐらいでした。

実は今回藤井さんが紹介して下さった宿、眺めが最高だったんです。
カーテンを開けると目の前は瀬戸内海、そして宮島!
完全なるパワースポット宿です。

しかしなかなか広いお部屋。着いたその日は夜中だったのもあり、広くて暗くて誰もいなくて(当たり前)、かなり寂しかったんです。
しかし人間は慣れる生き物。
ライブを終えて帰る時には思わず「ただいま」なんて言ったりして、完全に自分の家モード。
新潟に戻る時には部屋との別れが寂しかった程です。
やっと使い勝手が決まってきたのに。

そんな、人にも、食にも、場にも暖かく迎えてもらった広島ツアーでございました。
ええ所じゃねぇ…。




拍手[4回]

何から書けばいいんでしょう。
とにかく濃厚で、芳醇で、優しさに溢れた5日間でした。
余りに思い出が多過ぎて書ききれませんが、まずはライブだけに話題を絞って何とかまとめてみたいと思います。

駄文の長文ですがご容赦下さい。


11/26(木)〜30(月)の5日間、 しかし前後1日ずつは移動日なので実質3日間、 それが今回のツアー日程でした。

しかし到着したその夜。 早くも事件が起きました。

30年余東京でプロベーシストとして活躍されていた日本音楽業界の証人と言える方、 井上博義(ひろし)さんのお店、その名も「Mingus(ミンガス)」。
今回のツアーを組んで下さった藤井政美さん(sax)に先導されるままお店に入ると、初めての訪問にもかかわらず見た事のあるお顔がズラリ。
いわゆる「芸能人」と呼ばれる有名な俳優さん3名がカウンター席に並んでいられるではありませんか。
うろたえるワタクシを藤井さんが

「はいドラマーの定位置はココ。狭いのでスネアのみ。他のタイコは無し。」

とカウンターの中に招き入れ、

「殿が弾き始めるので合わせて。」

と言われるや井上先生のベースがスタート。
藤井さんのテナーとワタクシのブラシが加わり、2曲ほどお手合わせ頂きました。
正に名刺代わりといった感じで、マスターである井上先生にも錚々たる顔ぶれのお客様にも挨拶もそこそこに演奏させて頂き、ワタクシの広島Daysの鮮烈な幕開けとなりました。
この時の模様はこの方のブログをCheck!


本編のライブで2日連続してお世話になったのは、薬研掘の綺麗なお店「Comin(カミン)」。
店主杉野クリステルさんによるこだわりがお店になった、本当に綺麗で心地良い空間です。
初めて訪れる女性が1人でも入れるお店、と言えば一般的なJAZZバーのイメージと一線を画しているのは伝わるでしょう。


ライブ本編初日はかつて新潟で活躍されていたボーカリスト「Ayaco」さん。現在は山口県にお住まいです。
メンバーは一度新潟でご一緒させてもらった鳥岡香里さん(
p)と、今回がお初の中野力さん(b)。


Ayacoさんは新潟時代より確実にスケールアップされ、表情もより豊かになった印象です。 ご本人も「広島で鍛えられた」と仰っていました。
鳥岡さんは前回ご一緒した時以上にアグレッシブでとても触発されました!カッコいい!
中野さんもとてもSwingされていて、ご機嫌にボトムを支えて下さいました。Yeah
皆がニッコリ、うっとり出来るライブだったと自負しています。


2日目の目玉はツインドラム!
広島のドラマー山口圭一さんと初顔合わせでいきなりのドラムバトル!
ベースに山本優一郎さんを迎えフロントは藤井さんのテナー。
コード(和音)楽器がいないのにドラマーが2人!(笑) ドラムサウンドを怒濤のようにお客様に浴びせ、2人の熱いドラム愛を語り、ワタクシがこの日の為に作曲したドラムデュエット曲を演奏しという、日頃まず有り得ないシチュエーションを堪能しました。

ドラマー2人がいずれも「自作のドラムセット」を持ち込んでのこの企画。 2人の熱量がお客様のそれを遥かに上回っていた事でしょう。
そんな中でも、ボトムを安定感抜群にしかも躍動しながら支えてくれる山本さんのベース、メロディを受け持ちながらバンドサウンドをあるべき方向に導いてくれる藤井さんのテナー。
山口さんのドラムプレイはお人柄そのままの優しくも軽やか(但し深部は未知w)。
ワタクシはそれをDance JAZZにすべくご一緒させて頂きました。 どう仕上がったかはその日のお客様が証人です。


3日目は、まず前日まで出演させて頂いた「カミン」にて市の企画『JAZZ講座』のお手伝い。急遽参加致しました。この辺がJAZZ
3回シリーズで一つのテーマを掘り下げる企画の、今回は「ベース」編最終回。
初日にお世話になった井上先生と再会し、藤井さんとワタクシの3人で演奏&トークを楽しんで頂きました。
井上先生と藤井さんから語られる貴重なエピソードの数々。
同時にワタクシも、演奏トーク共にすんごく楽しんでたりして

そしてこの日のライブ本編。 会場は40年以上の歴史を持つ広島の老舗ジャズ喫茶「Satin Doll(サテンドール)」。


落ち着いた内装に名品の誉れ高い巨大スピーカーとオーディオ機材。
勿論ドラムセットはVintageのグレッチです。
ワタクシのスネアと一緒。

メンバーは宮崎より単身赴任中というベーシストの高松知範さん。
そしてスペイン人の若きピアニスト、ホアン・オルティス(Juan Ortis)


の日はお客様の中にも多くの音楽関係者、ミュージシャンの方々がいらっしゃって、嫌が応にもワタクシのテンションも上がります。
藤井さんのディレクションもあり、今回のツアーで一番エモーショナルに、一番叙情的に、一番感情のままに演奏できたと自分では思いました。
何よりそれに優しくも的確に応えてくれる高松さん、煌びやかなフレージングで曲を彩ってくれるホアン、それら全てを太いサウンドで一つにまとめ上げてくれる藤井さんがいてくれて、自分をぶつけられたと感じます。
いつまでもこのまま演奏していたいそんな瞬間が何度も訪れたライブでした。

今回のツアーは本当にたくさんの方々に支えて頂きました。

「ミンガス」の井上先生。
「カミン」の杉野クリステル店主(結局4日間毎日カミンに顔を出しました!)。
「サテンドール」のマスター田宮さん。
ご一緒頂いたミュージシャンの皆さん(ほぼ初顔合わせの方々ばかり)。
ホアンの奥様・真代さん(なんとお母様の生まれ故郷がワタクシと同じ佐渡だった︎)
ご来場頂いたお客様。
ミュージシャンの皆さん。(皆さんのお名前を列記したい!)


藤井政美さんご夫妻。

そして広島の地。

人と人の繋がりを考えずには成立し得ない、ワタクシにとって本当に掛け替えのない経験が出来ました。
往復それぞれ12〜3時間のドライブでも疲れを感じなかった程に。




 

拍手[8回]

「音楽のジャンル分けなんて無意味だ。」

「音楽にジャンルなんて関係ない。」



こういう言葉は音楽に携わっていると良く耳にします。



ある意味において、それは真理です。

否定はしません。




しかし例えば。




物理学と数学を本当の意味で分ける事は不可能。

日本史と世界史を本当の意味で分ける事は不可能。

どちらか一方だけで話をする事は、

その話が深部に行けば行くほど分かち難くなっていくはずです。





しかしながらそれぞれ、

ちゃんと物事の切り口として、

学問の分野はしっかり存在しています。




音楽だって同じじゃないですかね?




ジャンル分けが無意味だからといって、

BLUESはBLUESだし、

JAZZはJAZZだし、

ROCKはROCKだし、

HIP-HOPはHIP-HOPです。

そうやって存在するジャンルとその呼び名を、

ジャンル分け否定論者の方はどう説明するんでしょう?





ジャンル分けが意味を成さなくなるのは、

対象となるもの(ここでは音楽)の理解が相当深まって、

技術も、その歴史への理解も、

本質にまで肉薄した時初めて

「無意味だ」と発言することが許されるのではないでしょうか。





そしてそのジャンル分け否定論が、

自らがジャンル的に否定される事を回避する為の

論点ずらしに使われない事を、

心から願うばかりです。





ワタクシ?




ジャンルを否定できるほどまだ理解できておりません...(汗)。






拍手[1回]

このブログの正面玄関、

『K-FUNK's Private Room』入り口のカウンターが

「22222」になっておりました!

皆様ありがとうございます。



よく「キリ番ゲット!!」なんつってましたね。

今後ともご愛顧の程ヨロシクお願い致します。



K-FUNK

拍手[1回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]