忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


何だかんだで結局3本も作ってしまった自作カホン。

K-FUNKのカホン(Cajon)て事でKajonとか書いてみたりしてますが。

久しぶりに現場復帰という事でこの度ちょこっとメンテ。


メンテ箇所は僕しか判りませんが。



そんな訳で、
折角ですので画像を。

まずは打面。

3ee058be.JPG










そして背面。

efe9f4e2.jpg









低音用サウンドホールを敢えて小ぶり×2箇所に。

実はコレがドリル穴の最大サイズでした…。



しかし何と言ってもこのKajonのトピックは内部。

2abe6748.JPG










0032a1da.JPG










92748967.JPG









疲れ切ったスネア(日本で言うスナッピー)を半分に切って、
ホームセンターにてゲットしたボルトやら何やらを上手いこと組み合わせ
響き線のオン/オフ機構を自作!

既製品に勝るとも劣らない立派な響き線が完成!


ビバ・ホームセンター。



カホンを自作される方、結構いると思います(いやいるんですよ実際)。
そんな方に参考にしてもらえれば嬉しいですね。
そんな方のコメント、トラックバックお待ちしています!


因みに僕。
本体の造りに関してはあまりゴチャゴチャと作り込みません。
専門知識もないし、
何と言っても、カホンは本来「箱」って意味なんですから。
「箱」であればいいんですから。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
参考にさせて貰ってます
タイトル通り、大変参考になってます。
一昨日から制作に入っています。
スナッピーのON/OFF機構は早速採用しました。いろいろ方法を考えていたのですが、目から鱗でした。
JB。 2010/04/19(Mon)07:12:38 編集
ありがとうございます!
JB。さん>

初めまして。コメントありがとうございます!

いやあ、いろんな部品を見てアレコレ考えてると、
アイデアって出てくるもんですね。
自分がこれを思いついた時には
天才じゃないかと思いました(笑)。

市販品になんて負けてられないですよ。

JB。さんはブログやってますか?
もしあったら相互リンク是非お願いします。
お互い頑張りましょう!

K-FUNK URL 2010/04/19(Mon)13:37:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]