忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



熱狂のドライブシアターを今なお展開中(コチラ参照)の、



再結成Led zeppelinによる奇跡のコンサート、



「Celebration Day(祭典の日)」。









ワタクシが発売日前に注文してまで買ったのは、



デラックスエディション。



2CD + DVD + Bonus DVDのメディア4枚組。







今日も片道1時間の通勤日なので、



今回はボーナスDVDの「祭典の日・リハーサルバージョン」を鑑賞。









何というんでしょう。



結果的に再結成ツェッペリンの凄まじさを思い知らされる事になりました。









本編はカメラワークもアレコレ動いて



大変劇的に演出されていますが、



固定カメラによる記録映像として撮影されたボーナス版は



ステージ全体を冷静に見渡せてそれはそれで興味深いのです。











いやそれよりも何よりも。









ちょっとラフなそのリハーサル。



いやまあ、



往年のビッグネームグループがこれだけの年月を隔てて再結成するとなれば、



しかもアルバム曲も野心に富んで実験的だったこのバンドならば、



演奏もジャム交じりに多少のラフさをむしろ売りにするくらいの事は



しても当然だしされても嫌な気はしない。



その意味では、



このリハーサルの演奏が本編であってもみんなもっとフランクに受け止めただろうと思う。









ところが。









出来上がった本編はあの驚異的な完成度。



いったいどれほどの集中力で、



あの化け物バンドの幻影を破壊して



同時に現在進行形の生きた姿を創り上げたのだろう?









考えるだけでめまいがする...。











やはり並大抵のバンドじゃあなかった。



解かっていたつもりだけど、解かってなかった。



そんなモンじゃなかった。









今観聴きするからこそ理解できるツェッペリンの素晴らしさを



こんなに楽しめている事に本当に喜びを感じます。



皆さんも是非トライして下さい。





<<レッド・ツェッペリン「祭典の日」>>














拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]