忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し前の話ですが久々に行って来ました。
新潟市美術館。
お目当てはアンドリュー・ワイエス展。

「クリスティーナの世界」が有名なこの画家。
でも実は名前もよく知りませんでした。
まさか新潟で見られるなんて。
と言いつつFacebookフレンドさんの投稿をよーく見て「あ、新潟でやってんだ」と思ったくらい。
行ってみて初めて知ったのはこの画家ぎ水彩画家である事。
そしてこの人の作風に影響を受けたであろう画家/イラストレイターが多い事。
荒寥としたタッチは、対象が人であっても家であっても、物であっても風景であっても、全く同様に乾いた表現がなされています。
乾いたキャンバスと絵具のくっきり分かれた境界、水を含んだ色同士のグラデーション。
この、色と色の境界が、平たい紙に奥行きと空気感を絶妙に表現していました。
写実と印象の両方を繋ぐような絵でした。
有名な「クリスティーナの世界」はニューヨーク近代美術館所蔵だそうで大きな印刷複製が飾られていたのみでしたが、今回の展示作品は埼玉朝霞の「丸沼芸術の森」所蔵のものだったそうで、習作も含めたくさん見られたのでとても楽しめました。

アメリカ近代芸術の旗手として生前から評価を得ていたのは、余計なお世話ながらホッと一安心する、それほど作品の表す世界がとても温かみの対極のような絵だったのです。
しかしそれはもしかしたら、虚飾を排除して描き出したリアルなアメリカの寒村のありのままだったのでしょう。
ただ、水彩画の持つタッチにワイエスの優しさが表現されていたような気がします。
いいものはいい。という感想でした。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]