忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワタクシK-FUNKの2015年4月。

激動の一ヶ月を演出してくれた第2のエレメント。

『ERIKA 10th Anniversary JAPAN TOUR』。





NYでジャズボーカリストとしてのキャリアをスタートして15年。

帰国の度に全国ツアーを精力的に展開して10年。

ERIKAさんにとってのメモリアルイヤーのジャパンツアーを

新潟ライブでお手伝いさせて頂きました。





ERIKAさんとの初共演は2014年10月。

勿論4ビートの曲もとてもスウィンギーに歌われるんですが、

ブラジリアンやラテンもとてもグルーヴィ!

ジャズもラテンも元々ダンスミュージック。

それを歌とノリで、

背後にいるバンドメンバーにもガンガン伝えてくれます。

また伸びやかでありながら耳に心地よい豊かな歌声。

その真価が発揮されるのがバラード。





声を張るボーカルは確かに迫力があります。

しかし歌も楽器も、

ゆっくりを、そしてピアニシモを、

一定に維持する事の方が何倍も何十倍も難しいのです。

語りかけるような、時にささやくような繊細さ。

この表現力の豊かさがERIKAさんの真骨頂だと思います。





そして何と言っても彼女の大らかさ!





九州生まれというのもきっと関係していると思いますが、

とても気さくで明るい方。

そういったお人柄が彼女の声、歌に

しっかり反映されていて、

それが彼女の音楽の根底に

「和み」をもたらしてくれているのです。



だからライブの後の会場は、

緊張から解き放たれたというよりも

皆さんとても和やか。

全員が笑顔になってしまうんです。

本当に素晴らしい事です。





彼女の音楽を、彼女が思い描くように、

出来ればそれ以上に、音にする事が

一瞬でも出来ていたらと

ワタクシ自身心から願っています。

そしてまた次回も是非ご一緒させてほしいと思います。

和みのERIKAワールドに。





ERIKA 10th Anniversarry Japan Tour "Nostalgia"
in Niigata



ERIKA(Vo)

野沢美穂(Pf)

文河潤(Bs)

本間克範(Dr)



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]