忍者ブログ
Drummer / Drum Instructorの K-FUNK a.k.a. 本間克範の日記です。 コメント宜しくお願いします。
[318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年4月はワタクシK-FUNKにとって

大変意義深い、そして様々な展望を予感させてくれる

とても重要な月となりました。

ここに備忘録として

一つ一つ書き記していこうと思います。





まずは何と言っても『Martin "MUSA" Musaubach Japan Tour 2015』。





アルゼンチン生まれ台湾在住のジャズピアニスト、

MUSAが率いる「MUSA's Quartet」名義のグループに

今回加入する事になりました。

その活動の一発目が全国ツアー7DAYS。

新潟、富山、名古屋、京都、四日市、そして東京2日間。





東京、大阪、名古屋、仙台、金沢、秋田と

単発では様々な場所で様々なバンドで演奏しましたが、

単一バンドで7日間連続というのは初の経験。

何より体力的に心配でした(笑)。





MUSAの音楽は独創的でありつつキャッチー。

シンプルなようでいてトリッキー。

魅力的な曲ばかりです。





アルゼンチンのタンゴの要素を含めた中南米のラテングルーヴ。

12歳からブルースバンドでキーボードを弾いたという

エピソードからも伺える

ブルーズ/ジャズのテイスト。

そこに台湾で培ったアジアのメロディと、

そして何よりもアジア人の精神性。

そういった様々な要素がMUSAの音楽の中に溶け込んでいて、

演奏していてもそれぞれの曲に

めくるめく世界が次々に変化していく

とてもカラフルな音楽です。



台湾ではCDがリリースされているMUSAですが、

日本の音楽ファン/ジャズファンにも是非知って頂きたい。





今回のツアーは初日が新潟だったのですが、

スタート前日にその新潟でリハを敢行。

5時間休みなしの体力勝負・精神力勝負でしたが

それがなければ今回のツアーは有り得ませんでした。





そのリハを含めての8日間、

バンドが、アンサンブルが、徐々に固まっていくのを肌で感じ、

そうして自由度が上がりその分緊張も高まる、

その変化を楽しめたのが今回のツアーの

とても大きな収穫でした。





今回それぞれの地でライブに来て下さった皆さん。

現在の音楽仲間、前職の同僚、

高校の同級生、かつてのバンド仲間、専門学校の同期の人々、

某楽器メーカーY社の企画でご一緒できた西脇さんご夫妻、新谷さん、

現在同じ職種の仕事仲間、そして甥っ子(笑)。

皆さんがワタクシの活動を応援して下さったお陰で

今回のツアーが成立しました。

心から感謝致します。



昨年初来日のMUSAも日本を気に入ってくれています。

来年以降もツアーで来日してくれるそうです。

更にMUSAの音楽が日本の音楽ファンに広がってくれることを

心から願っています。





MUSA's Quartet Japan

Martin "MUSA" musaubach(Pf,Kb)

越智巌(Gt)

梅沢茂樹(Bs)

本間克範(Dr)



拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/10 塾長]
[09/28 NONAME]
[09/27 NONAME]
[09/26 NONAME]
[09/26 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K-FUNK
性別:
男性
職業:
DRUM
趣味:
MUSIC
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]